- The Art of Learning - - Chetana Ashram -チェータナー アーシュラム
からだとこころをここちよく
自由にするためのヨーガ アーシュラムです

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Dalai Lama 23:14
100709

ダライ・ラマ法王 来日法話

His Holiness The Dalai Lama’s Public Teaching

2010年6月26日(土)パシフィコ横浜 展示ホール
法話10:00〜12:00 講演14:00〜16:00
13:00〜14:00にはステージにて各種催し


<法話> 縁起賛と発菩提心
The Virtue And Practice of Connectedness and Generating a Kind Heart

より幸せに生きるための智慧。それは縁起と菩提心です。
一見難しそうに見える仏教の教えは 実は毎日をより上手に生きていくための道しるべであり 日常生活の中で活かせるアドバイスばかりなのです。

今あなたが抱えている悩みをうまく乗り越えていくためのヒントをダライ・ラマ法王が仏教的な観点からわかりやすく丁寧に解き明かして下さいます。今日よりも明日をより幸せに生きていくための智慧にあなたも耳を傾けてみませんか?


<講演>『幸せの本質』〜共生と共存の未来へ向けて〜
The Essence of Happiness and a Healthy Co-Existence

行き止まり感が強い現代の地球社会。戦争 経済不況 格差社会 環境破壊など問題が山積みの21世紀を私たちはどのような姿勢で生きていくべきでしょうか------。

ダライ・ラマ法王が環境 科学 経済の視点から“共生・共存”の大切さを説き幸せの本質とは何かに迫ります。「未来社会を生きるための心得」の数々を明日のためにお役立てください。


主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス)

(以上はパンフレットよりの抜粋)


100709


現在のダライ・ラマ法王14世は1935年7月6日生まれ 75歳

今回初めてお目にかかった じぶんがダライラマに会いたいと思ったきっかけ〜 ラサからランクルチャーター エヴェレストベースキャンプ〜チベットを通り抜けネパールへ

(過酷だったよ) インドダラムサラ・ラダック・シッキム・ネパール・ブータンその他のチベット難民キャンプ 場所は各地に分散しているにもかかわらず 行き会った人々や僧侶の心は唯一ひたむきにダライ・ラマ法王を敬愛している なぜなんだろう? 存命中に会ってみたい と言うのが理由だ 決して熱心な信奉者でも仏教徒でも無い お会いして納得 慈悲と愛のかたまりと言おうか 観音菩薩の生まれ変わりそのままである じぶんよりももっと命をかけて会いたがっている大勢の人々が会える様になったらどんなに良い事か 


午前 午後ともに言葉はチベット語 当然か 

ダライラマがしゃべった後 日本語で通訳者がしゃべるのだが 通訳と言うよりは解説者であった ダライラマがしゃべった時間の倍以上?の時間をかけて解説と通訳 ちなみに英語は同時通訳 ダライラマがしゃべり終えると数秒後に終わる(じぶんはレシーバーを借りた)じぶん的にはダライラマの肉声をもう少し聞きたかった(チベット語は心地良いうたた寝を誘う)


午前の法話は初心者のじぶんには難しかったが じぶんにとって興味深かった事

仏教教典ふたつ 1:パーリー語〜小乗仏教 2:サンスクリット語〜大乗仏教

それぞれの言葉で教えが説かれている そうだよなあ 仏教はインドで生まれたんだからサンスクリット語ですよね 

そこから因果の法 縁起の法へと進む 原因が結果となり 結果が原因になる お互いが依存し合って連鎖となる 苦しみには原因が有る 苦しみは知るべきである 究極的に苦しみと言う実体は無い 無明 (ignorance) を滅する事 そのために身体と心にとって悪い行いをしないようにし 他者の役に立つよう愛と思いやり 慈悲心を持って 功徳や智慧の実践をしよう

これって ヨーガと同じだよなあ 戒律はアシュターンガだし 執着無くただ行う ヨーガにおける仏教 仏教におけるヨーガ それぞれの立場で精進 精進 アビャーサとヴァイラーギャ


100709

<お昼ステージ> パフォーマンス
インド(サンスクリット語)・ 台湾 (中国語)・韓国(韓国語)・モンゴル・チベット・日本
 それぞれの国の言葉と僧侶による般若心経の声明 歌

素晴らしい 特に日本 真言密教の真言宗豊山派(ぶさんは)僧侶の方々はチベットのタルチョ(祈祷旗)と同じ様なカラフルな色の僧衣を身につけ 声明の後 ステージ下の和太鼓をステージ上の僧侶の拍子木と般若心経に合わせて連打 迫力満点 大太鼓スーパーライブコンサート!日本の若いお坊さんも良くやります ダライラマも感激 絶賛 本当に素晴らしかった

そして興奮冷めやらぬ間に 本当のとりは なっぬあんと あの渡辺貞夫!

世界のなべさだはサックスのソロ演奏2曲 仏教界の大御所とジャズ界のスーパースター この出演者2人のみのステージ スーパーセッション! びっくりサプライズ 鳥肌立って感動 

ほんとうにありがたい お二人の友情に感謝


午後の講演後 質疑応答 予定の30分はあっという間 その後 延長する事繰り返し 

結果的には1時間以上になった ダライラマご本人が質疑応答を楽しみ真摯に答えていた 

じぶんも法話や講話よりも身近に感じて興味深かった 

取りあえず 肉食と菜食 キリスト教徒の仏教信仰 結婚を前に愛情と束縛


さてさて午前と午後 ランチタイム 合わせて5時間以上を椅子に座っていたことになるが

腰が固まって足がむくんで.... S席は[2010 public teaching in YOKOHAMA]という

タグ付き座布団が置かれていたが〔お持ち帰り下さい〕と言うアナウンスで

有りがたくバッグに入れ 背中ぽかぽか 心ほかほか帰路につく 

100709


May your spirit shine brightly!!

 - The Art of Learning - Chetana Ashram -




| others | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chetana -
スポンサーサイト 23:14
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://chetana.jugem.jp/trackback/112
<< NEW | TOP | OLD>>